不眠症で困っている…そんな時は身体に優しく新しいハイプナイト

ハイプナイトで不眠症改善

不眠症は、自律神経失調症に多くみられる症状の一つです。
副交感神経機能の低下が原因ですので、睡眠自体が難しくな症状です。また、昼夜が逆転してしまい、昼は眠くなり、逆に夜は目が冴えてしまう事も見られます。

不眠症は下記の3つに分ける事が出来ます。
※入眠困難:寝つきが悪い。眠りにつくまでに時間を要する等
※中途覚醒:眠れるが、中途半端な時間に目覚める、眠りが浅い等
※早期覚醒:すぐに眠れる、中途覚醒は無いが、早朝に目覚める(4~5時等)

通常、1つよりも3つ該当する方が症状的には重症と思われます。上記の分類の内、一つでも当てはまるのであれば、バランスに異常を来した自律神経、以上に興奮してままの交感神経が原因で不眠症になっている可能性が高いです。
ちなみに交換神経が常に緊張している状態では、不眠症は改善に至りません。
極稀ではありますが、脳に障害がある場合も不眠症になります。酷い不眠症に悩まされる方は、一度脳外科医に精密検査に行って頂いた方が良いかと思われます。

ハイプナイトの効果効能
改善するにはいくつか方法がありますが、今回は紹介させて頂くハイプナイト(ルネスタ)ですが、ルネスタ(短時間型睡眠導入剤) のジェネリックに当たります。
有効成分はエスゾピクロンとなり、元々アモバンの成分である、”ゾピクロン”を改良する事により製造された成分となります。効能としては、中枢神経である、GABAに作用する事により、神経を落ち着かせ、身体にリラックスをもたらす成分です。
また、アモバンの約半分で同じような効果を得る事ができ、半減期も4時間だったのが、5時間まで延長する事に成功しました。

緊張や不安を和らげる事で、より自然な睡眠を得る事が可能となりました。
服用時の不快な苦みを抑え、作用時間もアモバン以上となったため、中途覚醒タイプの方にも服用して頂けます。
口の苦み等を気にする方が、現在どんどんこのハイプナイト(ルネスタ)へ移行しているという報告を受けている人気商品となります。